管理人 : 松浦明宏
新刊拙著についての発表、寄せられた御感想への回答
6月30日(土)と7月1日(日)の両日、北海道大学(古河講堂109室)で開催される書評会の中で、新刊拙著『プラトン後期的ディアレクティケー -イデアの一性と多性について-』(晃洋書房)も採り上げていただけることになりました(私の分は、7月1日(日)午後、1時間ほどという予定です 6月30日(土)13:00〜14:30頃です。当初の予定から変更になりました(この記事の冒頭も若干変更しました(2018年4月10日))。

発表タイトルは、

「イデア不可知論と「瞬間」 -プラトン『パルメニデス』篇における時間論-」

です。他の発表者の方々の御研究内容に関連した拙著部分という意味で、『パルメニデス』篇第二部の「瞬間」(to exaiphnes)を中心に、プラトンの時間論について発表することにしました。永遠と時間、イデアと事物、神と人間といった、超越者と内在者とのかかわりについて、イデア不可知論(懐疑論)へのプラトンの反論という形で論じたものです。

この内容は、新刊拙著の第四章として書いたものですが、もともとは、2014年秋の東北哲学会とその回の『東北哲学会年報』(2015年)に発表・掲載したものです。東北の皆さんの前では既に発表済みですが、今回、拙著を通じて北大の皆さんとも共有し、ご批判をいただければ幸いです。

ところで、新刊拙著について、メール等を通じて、これまでにさまざまな御意見・御感想をお寄せいただきました。御連絡くださった方々には、この場を借りてあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

概ね共通していたのは「イデアは多でもあった」という結論への御意見・御感想でした。一なるイデアが多でもあると言われても、にわかには納得できない、プラトンのイデアが多でもあったというのは驚くほかない、という趣旨の御感想で、おそらくは、本書結論へのためらいを表現されたものと理解しました。これとも関連して、分割と総観の方法という後期的ディアレクティケーとイデア界との関連に疑問を投げかけるという趣旨の御感想が複数寄せられました。

著者としましては、書籍の中にも書きました通り(142頁)、これらの反応はおおよそ予想されたところであり、本来なら、書籍の記述によって説得できなければならないのに、説得できなかったということなのだろうと思います。読者を説得する責任は著者にあるので、読者が納得できなければ、それは著者の書き方が悪いということになるのでしょう。その点では、お詫びしなければならないと思います。そこで、後期的ディアレクティケーとイデア界との関連について、私の考えをあらためて簡潔に説明しておきたいと思います。

分割法とイデアの多性との関連については、おそらく次のような疑念があるのではないでしょうか。つまり、分割法というディアレクティケーによって分けられているのはイデアではなく概念だから、後期的ディアレクティケーによって分類が行われていても、そのことからただちにイデアに多性があるとは言えないのではないかという疑念です。

もしこの種の疑念をお持ちなら、その方々への私の回答は以下の通りです。つまり、もちろん、ディアレクティケーによって分類しているのは、人間の認識の中に現れたものを分類している以上、概念ですが、だからといってディアレクティケーがイデアの多性と無関係だということにはならないというのが私の考えです。まず、イデアと概念との区別について確認しておけば、『パルメニデス』篇第一部のイデア論批判に現れる表現で言えば、「観念」(Prm. 132b4 noema)と、観念の対象(観念がそれの観念であるところの「それ」)である「あるもの」(132c2)との区別が想定され、もちろん、「観念」(ノエーマ)が概念(人間の頭の中に思い浮かべられたもの)であり、観念の対象である「あるもの」がイデアです。この区別だけからでも、もしディアレクティケーが観念の分類を行っているのなら、それに対応した「ある」ものが多に分かれていなければならないということは言えるとは思いますが(各々の観念に各々の「あるもの」が対応しているはずだから)、もう少しはっきりとディアレクティケーとイデア界との関係について言及していると思えるのが、本書(及び、拙著(2006))に書きましたように、ディアレクティケーの成立根拠となる類(aitia)(Sph.253c3)です。

ディアレクティケーの成立根拠のうち、分割の成立根拠についての要点は、次のことです。つまり、人間が認識の上で行っている「分類」(classification)が正しく物事の理を反映していると言えるためには、観念(ノエーマ)の側ではなく存在(あるもの)の側で多が成立していなければならないということ、存在の側で多が成立していなければ、人間がいくらディアレクティケーを用いて概念を分類できても、その分類は人間の幻想にすぎず、物事の理を正しく表現しているとは言えなくなるということです。ディアレクティケーという人間の認識活動の正当性を裏付ける根拠の役割を果たしているのがディアレクティケーの成立根拠であると思われ、これは、総観、統合の成立根拠について拙著(2006)の133頁-135頁(総観)、169頁(統合)に書いたことと同趣旨です。統合の成立根拠については、新刊拙著の31頁-32頁にも一部言及されています(あまりはっきりとした形ではありませんが)。

したがって、もし『ソピステス』篇で行っている分割というディアレクティケーの過程が有意味であると言えるためには、プラトンは存在の側で多が成立していることを示さなければならないはずです。この「存在の側での多」が表現されているのが、『パルメニデス』篇第二部第二仮定の「多である一」であり、ここでそれを論理的に検討したことによって、プラトンは『ソピステス』篇で分割法を大々的に駆使できるようになったのだと私には思えます。実際、『パルメニデス』第二部第二仮定では、「〜と同じである」「〜と異なっている」等、種々の関係性が肯定的に論じられており、こうした関係性には、すべて「〜と〜」という形で、何かと何かとの「分割」、「多性」が表現されていると理解することができます。

さらにまた、『パルメニデス』篇第一部の帆布の比喩(Prm. 131b7-c8)の中でも、イデア界における多の存在が表現されていると考えるのが自然です。つまり、多くの人々(この世の事物)の「上」(epi) にある一なるイデア(一なる帆布)の多くの「部分」は、多くの人々の「上」にある以上、まだ多くの人々の「中」に内在しているわけではないので、現象世界にあるとは言えません。むしろ、イデア界にあるといった方がより適切です。テキスト上の対話では、帆布の比喩の後、ソクラテスが「部分のアポリア」に陥るため、帆布の比喩の意義を巡って議論が生じるところではありますが、新刊拙著では、その「部分のアポリア」も、対話篇第二部第二仮定の「一そのもの」が多に分かれる議論に現れる「数」を、識別子としての数(住所の番地やスポーツ選手の背番号のように、個々のものを他のものから識別するために用いられる数)と理解すれば、「部分のアポリア」は解消されることを指摘しましたので(拙著第五章後半(第五章の内容は『西洋古典学研究』(2017年)に掲載))、拙著内容による限り、帆布の比喩の有効性が損なわれたわけではなく、したがって、多くの人の「上」にある一なるイデア(帆布)の諸部分もまた、イデア界に存在している多であると言って構わないということになります。この点からも、一なるイデアが多に分かれることは、『パルメニデス』篇のテキスト内容を通じて示唆されており、それが「背理法的ディアレクティケーによって一を肯定して多を否定したエレア派」と「後期的ディアレクティケーによって一と多との両方を肯定したプラトン」との違いであるというのが、私の解釈です。

分割法とイデアの多性との関係についての疑念が、もし概念とイデアとの区別に起因する疑念であるとすれば、上記のことが、その種の疑義への私の回答ということになります。別の趣旨での疑念なら、上の説明は当てはまらないので、あらためて考えることにします。

なお、他にも「総括 三 これからのプラトン研究のあり方」(146頁)に書きました、哲学(プラトン哲学)の研究方法のあり方についても、関心を持つ方が多かったようです。こちらについても、時間があれば、あらためて説明させていただければと思います。

d0033997_23225983.jpg
(アテネ市にある Plato's Academy: Digital Museum (2018年3月 著者撮影))

プラトンのアカデメイア跡には公園しかないと聞いていたのですが、この3月に行ってみたところ、小規模ながらプラトンに関する博物館がありました(入場無料)。管理人の女性に聞いてみたところ、2015年12月にできたそうです。小劇場があって、『饗宴』『国家』『パイドロス』の三本立てミニ映画も上映されていたので、映画鑑賞してきました。観客は私一人だけでしたが、こういうマイナーの極みのような状況が私は大好きなので、とてもおもしろかったです。地下鉄の駅からテクテク歩いてアカデメイアに行った甲斐がありました。博物館にあった記念のノートには、私が訪問する二週間ほど前の日付で、日本人とおぼしき女性の名前が書かれていましたので、私もまねをしてそのノートに自分の名前を書いてきました。また行こうと思います。コアなプラトンファンにはおすすめの博物館です。



by matsuura2005 | 2018-04-08 15:15 | 研究ノート | Comments(0)
新刊拙著『プラトン後期的ディア... >>
<< 哲学研究(プラトン哲学研究)の...