管理人 : 松浦明宏
The Play of Character in Plato's Dialogues
ちょっと先の話ですが、なんだか面白そうな本が出るようですね。
Ruby Blondellという人を私は知りませんし
(どこかで名前を聞いたのかもしれませんが、忘れてしまいました)、
実際に面白いかどうかは、読んでみなければわかりませんが、
(ちょっとグロテスクでもある)表紙の写真に描かれていることは、
私がプラトンの対話篇について考えていることをよく現しているので、
とりあえず、チェックしておくことにします(予約しました)。

対話篇の登場人物は、たとえそれがソクラテスであっても、
作者プラトンにとって、操り人形にすぎない、と私は思っているので、
たぶんBlondellという人も、
この考えとそれほど遠くない考えを持っているのではないか、と想像しています。
(あてがはずれた時には、このHPで酷評することになるでしょう(笑)。)

d0033997_1639117.jpg


The Play of Character in Plato's Dialogues
Ruby Blondell
Cambridge U.P. (2008/01)
by matsuura2005 | 2006-09-29 15:36
多摩哲学会と東北哲学会 >>
<< 「徳とは何か —隠れたカリキュ...