管理人 : 松浦明宏
哲学倫理学研究の二つのあり方
「脱稿」と言ったきり、文章を書くモチベーションが消え、しばらく充電していました。2月10日に出版社から初校ゲラが送られてきたのに、宅急便の不在連絡票が大量のチラシ類にまぎれてしまっていて、送られてきたのに気がつかず、今頃初校の校正をしています。チラシがあると本当に重要な連絡がわからなくなってしまうので、チラシを入れるのはやめて欲しいと思うのですが、彼らも生活がかかっているのでしょうから、こちらで管理するしかないのでしょうね。ともあれ、とうの昔にゲラが来ているのにオリンピックのカーリング選手「マリリン」などを見ながらのんびりしてしまいましたが、校正を始めるといやがおうでも現実に引き戻され、仕事の再開ということになりました。

というわけで、本題ですが、初校ゲラを読み返していると、プラトン研究者、あるいは、より一般的に、哲学倫理学研究者は、どういう姿勢で何を研究しているのかと、ふと思いました。「プラトンは何を考えていたのか」を追求し、「プラトンの意図」を説明するのが、「プラトン研究者」の仕事だと私はこれまで思ってきました。しかし、欧米のプラトン研究者の書いた論文や著書を読むと、とてもそういうことをしているとは思えないものが多数を占めているように思えます。

どうして超一流の研究者たちが、次から次へと「奇妙なプラトン解釈」を提出するのか、不思議といえば不思議です。彼らの頭脳や古典研究者としての才能が超一流であることは誰が見ても明らかなのに、そういう明らかに有能な人たちがなぜ当たり前のようにプラトン以外の人々の考えを根拠にしてプラトンの対話篇を解釈しようとしたり、自分で自由に考えて構わないのだと(プラトンが考えていたと)考えたりするのかということです。ここには、「テキスト解釈」や「古典研究」というものと、「古くからある哲学上の問題を自分自身の問題として引き受け、現代的な視点から考える」という二つの哲学研究の態度が交錯しているのかもしれません。

応用倫理学という比較的新しい学問分野では、プラトンに限らず、カント、ハイデガー等、一般に、哲学倫理学の「古典」(一級品)と認められた哲学者の思想に基づいて、現代的な倫理問題を考えようとする試みがしばしば見られます。この場合に重要なのは、プラトンやカント自身が何を考えていたかということよりはむしろ、そうした哲学者たちの思想に着想を得るなどして、われわれが自分自身で目の前にある哲学倫理学上の問題を考えようとする姿勢だと思います。あるいはむしろ、これまで古典的な哲学研究の訓練を行なってきた者が、とりたてて特定の哲学思想を念頭に置かずに、単に自分自身で考えた時、自然に生まれてくる答えや考え方が最も重要であると言った方がよいのかもしれません。いずれにせよ、現代の哲学倫理学上の諸問題を考える上では、古典的な哲学者の「テキスト解釈」は、それ自体としては、それほど重要ではないと思えるのです。

先の「明らかに有能なプラトン研究者」たちは、ひょっとすると、この二つの場面を区別していないのかもしれません。そして、そのことが一つの原因となって、「奇妙なプラトン解釈」をすることになるのかもしれません。もしそうだとすれば、それはやはり区別しなければならないということになるのでしょう。つまり、テキスト解釈や古典研究として論文や著書を書くのならば、それなりに厳密なテキスト上の拘束を前提とした研究を行なわなければならないでしょうし、哲学倫理学上の諸問題をわれわれ自身が考えるという場面で哲学倫理学研究を行なうのであれば、むしろ、そうした厳密なテキスト上の拘束を排除はしないまでも前提せずに研究を行なうのがより適切であるということです。そして、後者の場合には、その「哲学研究」は、「プラトン研究」や「カント研究」等のカテゴリーとは別のカテゴリーの中で行なわれるべきであると思います。それは「プラトンは何を考えていたか」、「カントはどう考えたか」を説明するものではなく、「自分はどう考えるか」を説明するものだからです。

いずれにせよ、「哲学倫理学研究のあり方」としては二つのあり方があって、それらを区別することが重要であると思えます。そうしないと、無用の混乱や批判が起こるように思えるからです。というわけで、今回は、哲学倫理学研究のあり方について、少しだけ考えてみました。
by matsuura2005 | 2006-02-22 10:18
脱稿 -近刊拙著タイトル、目次... >>
<< 慶応での研究報告会の感想