管理人 : 松浦明宏
プラトン解釈(3) -シュライアーマッハーのプラトン解釈(1)-
プラトン解釈(1) -全体の導入-
プラトン解釈(2) -シュライアーマッハー主義とテュービンゲン学派-
プラトン解釈(4) -シュライアーマッハーのプラトン解釈(2)-
プラトン解釈(5) -シュライアーマッハーのプラトン解釈(3)-


拙著第一章第三節で、シュライアーマッハーのプラトン解釈を紹介する箇所の記述です。何回かに分けて書きます。
なお、以下の文章を唐突に思われる方は、以下の文章の導入部に相当する「プラトン解釈(2) -シュライアーマッハー主義とテュービンゲン学派-」をお読みいただければと思います。

------------(以下、本文)------------
 シュライアーマッハーのプラトン解釈

 さて、以上を踏まえた上で、先に述べたように、シュライアーマッハーがプラトン全集の独訳を試みたときに著した「一般的序文」(以下、「序文」)を主な手がかりとして、シュライアーマッハー自身の考えを見ていくことにしよう。

 「序文」によれば、シュライアーマッハーがプラトンの全思想を対話篇のみから理解できると考える主な根拠は、プラトンの対話篇の持つ秘教的性格に定位して見ることができるように思われる。

 シュライアーマッハーによれば、秘教という言葉にはさしあたり二つの意味がある。一つは、教えの内容を親密なサークルの外部へは打ち明けないという意味での秘教であり、ピタゴラス派の秘教がこれにあたる 。この意味での秘教は、教えの内容を口頭で伝えるか文書で伝えるか何か他の手段で伝えるかという伝達方法の種類よりはむしろ、その内容を何らかの集団の外部に伝えないということに重点がある。これに対して、口頭での対話や文書といった通常の伝達方法(Vortrag) によってはその内容を伝えることができないという意味での秘教があり、これはより後の時代に見られるものである 。たとえば、或るサークルの内部だけで流布している文書というものも考えられ(機密文書類) 、これは文書という通常の伝達方法によって伝えることのできる内容であるという意味では顕教的であるが、その顕教的な内容を外部には伝えないという意味では秘教的である。要するに、或る教説が伝達される範囲を基準にして秘教と呼ばれるものと、その教説を伝達するための方法を基準にして秘教と呼ばれるものとでは、秘教という言葉の意味内容が異なっているということである。シュライアーマッハーによれば、プラトンはこれら二つの時期の間に位置づけられる 。その意味でプラトンの秘教は(それが秘教であるとすれば)いわば第三の秘教であると考えられる。ではそれは一体どのような秘教なのだろうか。

 繰り返しになるが、シュライアーマッハーによれば、プラトンの最も大切にしていた事柄(根源的諸原理)は、アリストテレスの報告等のいわゆる間接伝承によらなくとも、プラトン自身の著作のみから読み取ることができる。ただし、それは著作の中に明示的に書かれているということではなく 、一種の謎かけの形で、そうした根源的諸原理を見出すための暗示・ほのめかしが与えられているだけである 。とはいえ、それが何らかの仕方で対話篇の中で示唆されている以上、まだプラトンの根源的諸原理を知らない読者であっても 、注意深い読者にはその謎を解くことができるし 、既にそれらを知っているアカデメイアのプラトン学徒やプラトン自身の立場からみれば、それは「記憶のよすが」(Erinnerung)の役割を果たすことになる 。しかし、それ以外の者にはその謎は解けないような仕方で書かれているわけである。

シュライアーマッハーの見るところでは、先の二つのタイプの秘教のいずれかを当てはめることでプラトンの口頭での哲学の内容と著作とを区別しようとしても必ずしもうまくいかない 。実際、これはシュライアーマッハーが述べていることではないが、プラトンの対話篇は、公刊されているという意味では、或る一定のサークルの外部に開かれており、少なくとも機密文書のたぐいではない以上、そこに書かれているものは先のピタゴラス派的な秘教とは必ずしも同じではない。他方またそれは、著作という通常の伝達方法を用いて流通しているという意味では、先の第二のタイプの秘教とも同じではない。しかしまたこうも言える。すなわち、もしプラトンの根源的諸原理が、注意深い人やプラトン学徒にのみ伝わり、そうでない人には伝わらないという仕方で、或る種のサークルの内と外とが峻別され、その種のサークルの内部に属するひとたちだけに伝わるように書かれているとすれば、ピタゴラス派的な秘教であるとも言うことができる。他方またそれは、著作を通じて流布しているとはいえ、著作の中に明示的には書かれていない内容を、口頭での対話や講義等にもよらずに、また当然のことながら文字に明記することにもよらずに、伝えているというこの意味においては、文字や口頭での対話といった通常の伝達手段によってその教えの内容が伝えられているわけではないということになり、そうなるとそれは先の第二のタイプの秘教に近くなる。このように見た場合には、プラトンの対話篇は、先の二つのタイプの秘教のいずれの性格をも兼ね備えているということになる。こうして、プラトン流の秘教は、ピタゴラス派流の秘教とより後の秘教との、或る意味ではどちらでもなく、或る意味ではどちらでもあるという仕方で、両者の中間形態であるということになる。何かこうした意味で、シュライアーマッハーはプラトンが件の二つの秘教の中間の時期にくると言っているのであろう。

さて、今述べた事柄のうち、まだプラトンの原理理論を知らない読者でも注意深い人にはプラトンのその教説は対話篇を通じて伝わるという点は重要である。この点をより明確に理解するために、今一歩踏み込んで「序文」を見てみる必要がある。

(以下、「プラトン解釈(4) -シュライアーマッハーのプラトン解釈(2)-」に続く)
by matsuura2005 | 2005-10-19 23:06
プラトン解釈(2) -シュライ... >>
<< ちょっと一息